Bruker
製品とソリューション
アプリケーション
サービス
ニュースとイベント
キャリア
企業情報
timsTOF

timsTOF fleX MALDI-2

MALDI-2:感度と次元性を強化

イメージングの強化

感度の飛躍的進歩

timsTOF_fleX-MALDI2-web_Portrait

ハイライト

timsTOF fleX MALDI-2

ハイライト

感度
MALDI-2は、サンプル、分析物、マトリックスに応じて最大1~3桁感度を向上させます。
次元性
MALDI-2は、イオン化抑制効果を低減し、より広範囲の化学物質クラスをイオン化することで、MALDIイメージングにおける標的となる化学物質の範囲を拡大します。

特長

timsTOF fleX MALDI-2

第二のレーザーでポストイオン化が可能

従来のMALDIを使用したイオン化抑制による全体的な低イオン収量と感度の問題は、サンプルのイメージング分析を非常に困難なものにしています。これらの問題に対する私たちの答えは、MALDI-2です。ポストイオン化技術は、イオン化抑制効果を低減し、感度を桁違いに向上させます。

最初のMALDIプロセスの後、サンプル表面に平行した第二のレーザーがサンプル付近に漂うプルームに発射され、中性分子(主にマトリックス)をポストイオン化します。ポストイオン化されたマトリックス分子から中性分析物へ電荷が移動し、多くの分析物で驚くべき感度の向上につながります。

MALDI-2 Technology
timsTOF fleX MALDI-2

ポストイオン化は、ソフトウェア制御で簡単にアクセスできます。

ポストイオン化レーザーはtimsTOF fleXのアドオンとして開発されました。全ての機能はtimsTOF fleXと全く同じであり、ポストイオン化を有効にするために物理的なハードウェアの変更は必要ありません。ソフトウェアをワンクリックするだけで、ユーザーはポストイオン化と従来のMALDIモードを数秒で変更することができ、2つの異なるイオン化プロセスの直接比較が可能です。扱い易く初心者にも適しており、MALDI-2を使用するためにプロのMALDIユーザーである必要はありません。

利点

timsTOF fleX MALDI-2

MALDI-2は感度を桁違いに向上させます。

timsTOF fleXは、革新的でパワフルなMALDI-2テクノロジーオプションが利用可能になりました。このポストイオン化技術は、イオン収率の大幅な向上とイオン化抑制効果の低減の両方をもたらし、従来のMALDI分析と比較して最大1~3桁のシグナル増加をもたらします。これにより、ピクセルあたりの検出分子数が2倍以上となり、MALDIイメージングにおいてより多くの生理学的情報が得られます。

脳組織において感度が向上した化合物
timsTOF fleX MALDI-2

TIMSとMALDI-2: オミクス分析のためのディープイメージング

リピドミクスやメタボロミクスなどの組織由来の低分子を含むオミクス研究では、一般的に様々な化学クラスの生体分子が関与しています。これらの研究においてMALDI-2を使用することで、より多くの化合物へのアクセスが可能となり、自然の複雑さについてのユニークな洞察が得られます。TIMSとMALDI-2の組み合わせは、ポストイオン化プロセスからの豊富なイオン収量により、より多くの情報量のマススペクトルが生成されるため、ユニークで強力です。TIMSは、多くの重複する特徴を含む各m/zに対して、これらの複雑なスペクトルを効率的に解く高速直交分離を提供します。その結果、単一の異性体から情報を抽出できるだけでなく、異なるイオン移動度を持つ正確な質量も抽出することができます。衝突断面積(CCS)値は、データベースやLC/MSの結果と比較するために、スペクトル成分のそれぞれについて記録されます。

 

timsTOF fleX MALDI-2

MetaboScape® MALDI-2データベース

ブルカーは、必要なマトリックスやIntelliSlides™ から、専門家によるアプリケーションサポート、直感的でユーザーフレンドリーなソフトウェアソリューションまで、MALDI-2実験を成功させるために必要なすべての要素を提供しています。

fleXmatrix™  for MALDI-2

  • 特にtimsTOF flex MALDI-2を使用するために開発されました。
  • 真空下でも安定した状態を保つことができます。
MetaboScape®の分析対象リスト
  • MALDI-2特異的な化合物を用いた分析物リストと、自動分析物アノテーションのための異なる分析物クラスとサンプルで利用可能な分析物リスト

アプリケーション

timsTOF fleX MALDI-2

MALDI-2: 製薬業界をリードする組織モデルの革命

現代の医薬品開発における主な制限要因は、LC-MSで分析や定量を行う前に臓器や組織を均質化したホモジネートを使用していることです。このアプローチは、標的臓器内の薬物および代謝物の正確な量を提供するのに適していますが、薬物化合物の生理学的効果を記述しようとする病理学的方法とは容易に互換しません。MALDIイメージングは、組織内での薬物や代謝物の正確な位置をピンポイントで特定することで、血漿から組織への転換に大きな影響を与えています。

投与組織での薬物イメージング(クロロキン)

MALDI-2 は、全体的な感度を向上させ、広い範囲の投与レベルでの定量を可能にすることで、医薬品研究のための分子イメージングを強化します。さらに、多様な分子クラスに適応可能なMALDI-2は、外来物質と内因性分子の両方を含むより多くの製薬プロジェクトへのイメージングの適用可能性を拡大します。

Smoothie or Fruit bowl: Bruker Presents MALDI-2 for the timsTOF fleX
timsTOF fleX MALDI-2

MALDI-2は、いくつかの分析物の検出限界を向上させます。

MALDIとMALDI-2の検出感度比較。カフェイン、プレドニゾロン、エストラジオール、コルチゾール、ドキソルビシン、フルオキセチン、キヌレニンおよびパクリタキセルなどの異なる分析物の希釈系列または単一希釈を肝臓ホモジネート上にスポットし、MALDI-2のオンとオフで画像化しました。MALDI-2を使用することで明らかに感度が大幅に向上します。

MALDI-2は、従来のMALDIでイオン化されなかった化合物のシグナル強度を向上させます。

ソフトウェア

MS ソフトウェア

timsTOF fleX関連ソフトウェア

お客様の声

" 過去35年の間に、MALDIは様々なアプリケーションのためのユニークで迅速な分析ツールとなりました。我々はMALDI-2を開発し、低分子化合物やこれまでイオン化が難しかった化合物クラスにはるかに高い感度を実現することで、MALDI技術を大幅に拡張しました。MALDI-2というパワーを与えられたtimsTOF fleXは、MALDIをこれまで利用できなかった新たなフロンティアへと導くでしょう "


Prof. Klaus Dreisewerd, Leader Section Biomedical Mass Spectrometry, University of Muenster, Germany

 

詳細

京ICP备18037936号-3